ごあいさつ

独自技術を活用し、
高品質な製品を提案・提供していきます。

 弊社は1940年(昭和15年)12月に、大阪市にて創業、医薬中間体の製造を開始、1968年(昭和43年)9月に現在地(山口県山陽小野田市)に本社工場を移転、染料中間体の芳香族ニトロ化合物、アミノ化合物の製造を開始しました。

 2002年(平成14年)1月に、旧東亜紡織(株)(現(株)トーア紡コーポレーション)が資本参加(現在、出資比率100%)して、現在に至っています。

 得意分野は、水素還元反応による有機中間体合成で、加水分解からニトロ化、還元などの有機合成技術を駆使して、様々な有機中間体を製造しております。

 メインの製造品は、機能性ポリマー向けの中間品で、他に、情報電子材料向け、液晶材料向け、半導体周辺向けの機能性素材や医薬中間体などを製造しています。

 また、ファインケミカルの受託合成も行っております。お客様と一体となり、提案型の技術開発を目指し、満足いただける高品質な製品を提供しております。

 近年、信頼される品質、信頼される技術で、お客様に高い評価を頂いています。

 これからも生産技術の向上と環境配慮に心がけ、独自のノウハウを活用し、研究開発に注力し、新製品への積極的取り組みを進めていきたいと考えます。


代表取締役社長 戸川 崇光

TOABOホームへ