紡績の工程説明 (毛織物用細糸)

1.選毛
1.選毛 糸の品質を決定する大事な工程
糸についた汚れの除去や、原毛の品質を選んでいく工程は今でも熟練した人間の目で選別しています。
↓
2.洗毛
2.洗毛 羊の脂と、土砂を取り除き適度な水分を持った洗上羊毛を得ることを目的にしています。
この工程で取り除かれたラノリンと呼ばれる脂は化粧品の原料としても使われます。
↓
3.カード
3.カード 洗い上がった原毛は塊になっているので、カード機と呼ばれる機械櫛で、繊維一本一本をほぐし、薄い毛まくで取り出し、これを束ねて連続したロープ状の篠にします。
↓
4.インター・コマ
4.インター・コマ 1篠はスライバーと呼ばれ、このスライバーを更に均一な繊維にしていくダブリングとドラフトのインター工程を何回も繰り返し均一で細いスライバーにしていきます。
次にコーマ機という細かい櫛を持つ機械にスライバーをかけて不純物や短すぎる繊維を取り除いていきます。
1mあたり25g程度の均一な太さになったスライバーを巻き上げてコマの形に似たトップと呼ばれる状態に仕上ます。
↓
5.前紡績(糸を紡ぐ準備)
5.前紡績(糸を紡ぐ準備)

トップの段階のスライバーの太さは赤ちゃんの腕のほどもある太さですが、ダブリングとドラフトを何回も繰り返し、細く均一にします。そして最後には箸の太さほどにまで引き伸ばして精紡機に仕掛けられます。

↓
6.精紡機(糸を紡ぐ)
6.精紡機(糸を紡ぐ) 細くなったスライバーを糸の太さまで引き伸ばしながら撚りをかけて糸を紡いでいきます。
こうして単糸と呼ばれる一本の糸が出来上がります。
更にこの単糸を二本逆方向に撚り合わせたのが双糸で織物の原糸となります。
  
閉じる